川崎市の粗大ゴミ回収について

川崎市高津区は粗大ゴミ回収のルールが比較的厳しい地域だと感じています。まず、お風呂リフォーム業者を探して神戸まで探しに行くと粗大ゴミ処分はあらかじめインターネットでの予約が必要です。以前は粗大ゴミ回収の日に指定の置き場に置いておくことで良かったのですが、新型コロナウイルスに伴う外出自粛によって家庭ゴミが増えた影響によるものだそうです。ここのゴミ屋敷が清掃や片付けできる神戸でいうのは粗大ゴミ受付サイトでは、出すゴミの種類と回収日を選択します。出すゴミの種類は細かく分類されています。例えばパイプでもパイプ、パイプハンガー、パイプ棒物干し竿の3つの項目に別れています。不用品回収なんてと神戸にはここからいうとまた長さも種類別になっています。出したいゴミが何に当てはまるのか迷ってしまう場合は、電話での予約も可能でした。私が実際にマットレスを出す際に、項目が4つに別れていて迷ったので、電話をするとスムーズに案内していただけました。回収日は団地によって変わりますが月に2回程度ありました。次に、この根管治療ならおすすめの岡山の歯医者では処理手数券の購入です。ゴミの種類によって手数料が決められており、コンビニや市内の郵便局で買うことができます。券は200円、500円、1000円の3種類です。回収日までに購入し、ゴミの見えやすい位置に貼り付けておきます。最後に回収日にゴミを指定のゴミ捨て場に置いたら終了です。不用品片付けのことは神戸の業者でもここといえば予約制になったことで回収日に粗大ゴミが溢れていることが減ったように感じます。